Yujin Life

人生楽しみたい。家族と楽しむためにどう生きていくか?また個人的に仕事・趣味などなど日々の生活を書いていきます。

スポンサーリンク

楽天についての自分なりの活用と今後さらに節約に役立てるか?を考えてみる。続編

こんにちわ、ゆうじんです。

 

本日も楽天について考えてみたいと思います。

 

前回は楽天カードについて少し書いてみましたが、今回は楽天銀行について考えてみたいと思います。

f:id:yujin-life:20170801232144j:plain

 

ちなみに楽天カードを利用している方は引き落とし先は大体が楽天銀行からの引き落としになるのかな?

 

他の銀行で引き落としができるとは思いますが、メリットが大きいのは楽天銀行からの引き落としでなければ楽天さんの立場で考えても変だと僕は思い、迷いなく楽天銀行で引き落としています。

 

ネットバンクと言うとあと思いつくのはジャパンネット銀行住信SBIネット銀行がありますかね。その2つと比べてみたいですが本日は楽天銀行の特徴を考えていきたいと思います。

 

今回もガチで使い倒す!と言うより「これなら生活の一部として活用できそう!」と思うレベルでの活用をお伝えしたいと思います。

 

初心者レベルかもしれません。これから「使ってみようかな?ネットバンクを使ってみようかな?」って思っている人にはいいかもしれないレベルです。その辺ご理解いただいた上で読んでいただけるとありがたいです。

 

よろしくお願いいたします。

 

目次 

 

 

 

1、イーバンク楽天銀行

だいぶ前かなぁ…昔はイーバンクってネットバンクだったんですよね。その時からイーバンクの利用者でそのまま、楽天銀行へ移行し、現在でも使用しています。

 

何がきっかけでネットバンク使用し始めたかは覚えていません。でも、自分が使用していた銀行が違う名称の銀行になったときは少し驚いた覚えがあります。

 

銀行っても企業の一つなんでしょうかね。企業で株式会社となれば買収などもあり得ますしね。

 

きっと楽天さんが銀行業をこれから進めたいときに0から始めるよりもノウハウが分かっている会社を買収した方が明らかに効率的ですもんね。たぶん、楽天の企業戦略でしょうか。

 

楽天銀行株式会社(らくてんぎんこう、Rakuten Bank, Ltd.)は、新たな形態の銀行に属する日本の銀行ネット銀行)である。2010年5月4日に、イーバンク銀行株式会社イーバンクぎんこう、英称:eBANK Corporation)から商号変更をした楽天株式会社子会社である。

国内で二番目に誕生したネットバンクである。開業時より同行間の振込手数料が無料なのが特徴である。元々はイーバンクという名称であったが、楽天に買収後に改名された。2016年7月末現在で国内のネット銀行では最大の550万口座が開設されており、ネット銀行大手である。ただし累計口座開設数であり、解約された口座数も含まれているため実際はこれより少ない。

引用元:wikipediaより

 

もう結構前になるんでしょうかね?2010年ってことは…7年前…となると僕は25?あたり?そんなもんかなぁ…

 

2、金利 普通預金

ちなみに僕は普通預金しかしていません。定期預金のメリットをまだ強くは感じていないからです。

 

現在、楽天銀行金利について

 

通常の普通金利

0.02%

 

楽天カード利用金額の引き落としがある場合の普通金利

0.04%

 

マネーブリッジご利用者の普通金利

0.10%

となっています。

 

※平成29年8月1日時点

なお、ある地方銀行では普通金利が0.001%…

 

その銀行と比べると

 

楽天銀行の通常の普通金利は20倍!

 

楽天カード利用金額の引き落としがある場合の普通金利は40倍!!

 

マネーブリッジご利用者の普通金利は100倍!!!

 

確かに100倍っても0.001%と0.10%なので

 

仮に100万預けておいても0.001%だと1年で利息は10円(税引き前)

 

0.10%だと利息は1000円(税引き前)です!!!まさに100倍ですかね。

 

ですが、100万預けて、その差が990円と思うと…なんともですかね…1年で文庫本が2冊買えるか買えないかの差でしょうか。

 

ものすごくお金を預けていればいるほどそれだけの利息を受け取ることができますが、元手が少ないと大きな差はそこまで感じないのかもしれません。

 

でも、何もせず、預けていれば増えると考えると少しでも増やせればと思いますかね。

 

3、ATM 引き出しと預け入れ

現在、楽天銀行はキャッシュカードを使用できるATMは…

 

コンビニではセブンイレブン、ローソンで利用でき、その他コンビニのE-net(セブンやローソン以外でも利用できるATMです)、イオン銀行、ゆうちょ銀行などで利用することができます。

 

たぶん…ほとんどのコンビニで利用できますが、セブンイレブンで利用できると覚えていれば特に困ることはないのではと思います。(近くにセブンイレブンがない方は非常に申し訳ありません)

 

そして入出金の手数料に関してですが…これが少しややこしいです…

 

基本的には

f:id:yujin-life:20170801214434p:plain

 引用元:楽天銀行ホームページより

https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fixeddep/?l-id=top_T_0701_0005_CO9

 

となっています。

基本的にはお金を出すときは手数料がかかるということですね…

 

しかし、一番下の優遇について!これが重要です!!

 

ハッピープログラムの会員ステージに応じて手数料が最大7回/月無料となっています!!

 

やはり、節約や資産運用の観点からすればどんなに金利が良くても手数料でもっていかれたら意味ないので入出金は必ず無料にしなければ!

 

4、ハッピープログラムって?

となるとやはりハッピープログラムって気になりますよね!!楽天銀行を利用するためには必ずハッピープログラムを利用するべきです!!

 

f:id:yujin-life:20170801214925p:plain

引用元:楽天銀行ホームページより

https://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/?l-id=top_T_navi_0701_0002_CO17

 

自分なりに解釈すると

 

楽天銀行を使い始めたら楽天会員になる!そして

 

「私は楽天会員で同時に楽天銀行も利用していきますよー」

 

って宣言すればいいんじゃないですかね?(正確にはリンク登録でしょうか…)

 

そうすると、ハッピープログラムのランクに関して

・口座にいくら入っているか?

・口座での取引(各種口座振替とかでしょうか?)

 

が多ければ多いほど入出金無料の回数が増えていく制度です。

 

月回数なのでうまく使えば入出金を1回づつ無料にしておけばいいのかなと。間違いを考慮しても2回づつ無料にしておけばいいと思っています。

 

そうなると

f:id:yujin-life:20170801220142p:plain

左列のATM利用手数料の項目で

 

楽天銀行口座に10万円なら月一回(アドバンスト)

 

50万円なら月二回(プレミアム)は無料になりますかね。

 

それなら無理な感じではないと思います。

 

5、まとめと次に話す楽天証券について

いかがでしたでしょうか?僕は楽天カード楽天銀行を利用して、物を買うときや固定費(公共料金や携帯など)は極力カードで支払います。

 

そして月末(もしくは翌月末)に楽天銀行から引き落としされます。

 

そのため銀行口座にはカード利用額を引き落としできないことがないように、万が一を考えて常に50万以上預けています(月々そこまで使いませんが)。

 

そうすることで入出金は2回まで無料となっています。

 

以上のように利用すれば、引き落としのための入金と、万が一そこから引き出す場合で1回あれば特に問題ありません。

 

そうすることでカードでポイントは貯まり、銀行では利息が地方銀行と比べて多い!

 

ポイントは提携先を除けば大体還元率1%なので買い物は1%引きと考えてもいいでしょうかね。

 

少しでも節約できればと考え、今のような使い方を実践しています。

 

もっと節約できる使い道もあるかもしれませんが、精神的にも思考能力的にも無理なく実践できているのでこれでいいのかなと思っています。

 

でも、少しずつもっといい使い道があると思いこれからも試行錯誤していきたいと思っています。

 

その一つとして楽天証券を利用しています。普通金利のマネーブリッジと言う制度は楽天証券につながっています。それは次回とさせていただきます。

 

よろしくお願いします。