Yujin Life

人生楽しみたい。家族と楽しむためにどう生きていくか?また個人的に仕事・趣味などなど日々の生活を書いていきます。

スポンサーリンク

子どもの夏休みの自由研究。~結果~

f:id:yujin-life:20170909230343j:plain

こんにちわ、ゆうじんです。

 

いやー夏休みも終わりましたね。僕ら家族がいる町の学校も夏休みは…

 

はい。とっくに終わってます。すいません。時期外れで…

 

でも、市内の学校でも始業式の日って違うみたいです。公立学校って一斉に同日に始業式かと思いきや…違うみたいですよ。他の町の学校はどうなんでしょうかね。

 

さてさて、さっきまで、『ブログ何書こうかなぁ』って自分のブログを読み返していたんです。そしたら、『夏休み自由研究の記事途中までだった…』ことに気付き、今日結果を書いてみます。

 

目次

1、一抹の不安

f:id:yujin-life:20170909232532j:plain

研究実施自体、僕が仕事の日で、妻と子の2人で行いました。その時点で心配です…実験風になるかどうか…

 

僕なりに実験とは

・その研究をやろうと思った理由

・必要なもの

・実験

・結果

・結果の考察

・終わりに(反省など)

 

があり、実験ってて比較の対象となるものと変化をつけたものを比較し、その違いが結果であって…それが2人にはできるかなぁって心配でした。

 

どうなんだろ…大丈夫かなぁ。と仕事しながら考えてましたが、仕事している以上あとは2人に任せるしかない…

 

2、一緒にやった妻の率直な感想

f:id:yujin-life:20170909232658j:plain

仕事後、すぐに妻に聞いてみると…

「すっっごい大変だった!!!!」

でした。何が大変だったかって掘り下げていきます。

まず、妻が指示、やるのは子どもの構図で…

 

はっきり言って子どもがやると時間がかかること。

大人のようにちゃんとできないこと。

何度か失敗してしまったこと。

材料を買い足しにもいったこと。

実験結果を書く模造紙も足りなかったので書いている途中で買いに行くはめになったこと。

などなど…

 

確かに僕が子どもの頃も自由研究って思ったより時間と手間がかかること、まとめることも1日では終わらなかった気がします。

 

3、実際

f:id:yujin-life:20170909232837j:plain

あらためて、実際の研究としては

『生クリームにレモンを混ぜてかき混ぜると普通に混ぜるより早くホイップクリームができる。適切なレモンの量は?』

って感じです。

 

準備するもの

f:id:yujin-life:20170909221225j:plain

実験器具はこんな感じです。

※材料(砂糖やレモン汁)も混じっています。撮るなら準備したもの全部撮ればいいのに…とは妻には言えません。

 

他の材料っても生クリームですけどね。って一番必要な材料ですよね…

 

実験内容

200mlの生クリームを2つ購入し、それを100mlずつ4つに分ける

100mlに分けた生クリームに

レモン汁なし

レモン汁3滴

レモン汁小さじ半分

レモン汁小さじ1杯

を入れる。

それを電動ミキサーでかき混ぜ、『泡が立つ』ぐらいになるまでの時間を計る。

それぞれを3人(僕、妻、子ども)が硬さや味を確認。

時間をできるだけ短く、かつおいしいホイップクリームはレモン汁はどのくらい必要かを判断する

 

って感じです。

 

結果

レモン汁なし

時間:2分17秒

 

味は…そりゃ、おいしいでしょうね。

これが比較対象です。

 

レモン汁3滴

時間:1分45秒

 

味や硬さ

僕:味・硬さ共にホイップクリームとして成立している。酸味も強く感じない

妻:味はレモンなしと変わらない。レモンなしよりかえってふわふわしているよう。

子:泡立つのが早く感じる。酸味は感じない

 

レモン汁小さじ半分

時間:1分30秒

 

味や硬さ

僕:酸味を感じる。硬さもやや硬め。甘さ求めるならちょっと使えない。

妻:ちょっと酸っぱいけど、気になるほどでもない。思ったよりふわふわが残っている

子:ちょっと酸っぱくなってきた。思ったよりふわふわしている。

 

レモン汁小さじ1杯

時間:24秒

 

味や硬さ

僕:硬さはクリームチーズみたい。甘味より酸味を強く感じる。

妻:酸っぱいヨーグルトみたい。ふわふわ感はなく、ムースみたい。

子:甘いより酸っぱい感じ。少し硬い。

 

でした。

 

結果からの感想(子どもなりに)

レモン汁を入れれば入れるほどかたくなった。時間が短くなり、おいしく食べれるのはレモン3滴がちょうどよかった。

 

とのことです。

 

4、僕からみて

f:id:yujin-life:20170909233236j:plain

甘く言うなら小学3年生にしては着眼点や、まとまりのあるような印象をもってしまいました。親バカならすいません。

 

しかし、比べる(レモン汁なし)まではよかったのですが、レモン汁の単位が3滴、小さじ半分、小さじ1杯ってどうなんだろうか?

 

3滴って何CC?小さじ一杯って何CC?とか気になっちゃいました。

 

まぁ、料理の知恵として考えるなら小さじとかの方がいいのかもしれませんけどね。僕はお菓子作りはしたことないのでよくわかりません。

 

しかし、実験として考えるなら単位をそろえた方がよかったかなぁ。

 

結果からの考察ももう少し深くした方がよかったかなぁ。

 

できるかわからないけど、もう少し調べて『なぜレモン汁を入れると早く固まるか?』を入れてもよかったのかなぁ。

 

とかありましたけど…まぁ、子どもが自由研究として初めて実験らしい実験をしたことがよかったかなと思っています。

 

5、妻は…

f:id:yujin-life:20170909234427j:plain

本当に大変だったみたいでその日の夕食中はどんどん率直な意見が出てきましたよ。

 

「だって、言ったことが全然できなくて」

「私が模造紙に下書きを書いたのに間違えてるし」

「下書き書いている途中、お父さんがきて、子はお父さんと遊ぼうとするし!」

「私の自由研究って言ってもいいぐらいだよ」

 

いやーどんどん出てきますよ。

 

僕は仕事で何も手伝うことができなかったので、そこは「大変だったね。本当にお疲れ様」としか言えませんでした。ここで、「もうちょっとこうすれば…」なんて言ったもんならしばらく不機嫌確定です」

 

でも、2人ともよく頑張りましたねー。僕としては3年生にしては上出来だと思います。

 

5、学校の発表会

f:id:yujin-life:20170909234614j:plain

2学期のある時間で自由研究の発表会があったそうです。

 

発表で各児童には1枚紙を渡されて、発表を聞いて、よかったなぁとか、すごいなぁって思ったことを書いてその発表した友達に渡すらしいです。

 

うちの子どもとしては大作と思っていたので張り切って発表したのですが…

 

「紙をもらえなった…」

 

らしいです。これは僕としても驚きました。

 

いや、3年生にはこの研究を理解するには早かったんだよ!って子どもを慰めましたよ。いや、僕個人的にもこれはよくできた実験だったかぁって思ったんですけど…どうでしょうかね。

 

6、さいごに

自由研究…思った以上にとてつもなく時間がかかりました。

 

来年はどんな研究をするのだろうか…。できれば自分のみでできる内容にしてもらえると妻にもいいのではと思います。