Yujin Life

人生楽しみたい。家族と楽しむためにどう生きていくか?また個人的に仕事・趣味などなど日々の生活を書いていきます。

スポンサーリンク

最近の学校の授業参観って変わってきてるんです。って件

f:id:yujin-life:20170924223210j:plain

こんにちわ、ゆうじんです。

 

前回の記事は何を書いたやら…もっと気を確かに頑張ねば…ってより少しお金のことから離れよう。考えれば考えるほど

 

あぁーーー!!!

 

ってなってしまう…

 

なので、少し前の話ですけど子どもの授業参観のことを書かせていただきます。

目次

1、1日フリー参観

f:id:yujin-life:20170924224958j:plain

そうなんです。1日中、どの時間でもいいので授業参観ができるみたいなんです。

 

通常のこの時限の授業は参観できます的な授業参観も定期的にあるはあるんですけど、先日の授業参観は1日フリー参観は1時間目~5時間目までのどの時間に保護者の自由な時間で参観ができるみたいです。

 

曜日は土曜日。ってことはお弁当持参です。妻が前日にある程度仕込んでおいて、朝早く起きて仕上げてくれました。

でも、土日休日の保護者の方々からすれば平日に授業参観があると有給休暇でもいただかない限り、行けませんもんね。

保護者の方々が参観しやすいようにしてくれたんだろうなぁって感じる授業参観のスタイルでした。

2、子ども目線

f:id:yujin-life:20170924225122j:plain

子どもとしてはその週は6日学校があるみたいで、少し疲れるようでしたね。でも、親が見に来るってことで少し張り切っていました。

 

「3時間目と5時間目に見に来てね!」

 

って言ってるぐらいなのでその時間の教科は自信があるのかなぁって思います。

親としてもゆっくり見れるので中々楽しみでした。

最近、反抗期気味な感じでしたが授業参観はこないで!って言うまではいってないみたいです。

 

www.yujin-life.com

3、最初の授業

f:id:yujin-life:20170924225338j:plain

実際学校に行ってみるとちょうど2時間目と3時間目の20分休憩中で児童がわんさか学校内を騒いでるではありませんか!

こういうところを見れるもの1日フリー参観の醍醐味なのかなぁって感じます。

して子どもが見に来てねって行った科目…それは理科でした。理科室での授業で理科室へ。

 

って理科室がわからない!!授業参観は大体妻が行っていたのですが、今回理科室での授業は初で妻もわからない…

 

通りがかりの先生に聞いてなんとかたどり着けました。最近の学校はおしゃれに建ってあるのでどこにどの教室があるかちょっとわかりにくい…でも、それが子ども心にわくわく感があるのかもしれませんね。

 

そして理科の授業。教室では立ち見が通常なのですが理科室ではやや椅子が余っている!先生も「お使いください」とのことでしたので甘えさせてもらい椅子に腰掛けながら見させていただきました。

 

ちなみに授業の内容は『昆虫のしくみ』でした。

 

昆虫は頭部・胸部・腹部があって足が胸部からしかでていないってのが特徴ってのを映像や先生が発泡スチロールで頭部・胸部・腹部を作り、足は爪楊枝で作ったもので説明していました。

 

先生が作ったものは何種類かの昆虫があって、それがパーツごとにバラバラで、それを組み立てて昆虫にできるかっていうやつでした。

 

先生も頑張っていますね。きっと夜遅くまで作っていたのかな。

それを4人1グループで分かれて7グループぐらいだったかな。グループ毎でバラバラになった昆虫を組み立てます。

 

そして、保護者にも1種類来てしまいました。

最近、『こういう保護者様もどうぞ』的な感じすんごいあるんですよねぇ。1年の頃だったかな。授業参観行ったときは図工の授業で子どもと一緒に粘土で何かを作るってやつでした。

 

確かに一緒に粘土を使って物を作るって家庭でもあまりやらないかもしれませんが、授業参観でみたいことは『普段、学校でどのように授業を受けているか』ってことなのに。これは僕だけかな…それを普通に見せてほしいです。

保護者参加型は保育園まででいい気がしてならないと思ってしまいます。

 

ここで間違えると子どもに調子ぶられてしまうと思いましたが、基本は胸部から足がでているのを間違わないようにすることで何となくできましたので大丈夫でした。

 

しかし、最近の学校はパソコンやらネットやらを駆使しているんですねぇ。

プロジェクターではなくて、ちょっと大きめのホワイトボード程度の大きさのボードがあって、パソコンでつなぎ、パソコンの画面を写して、その画面に専用のペンで直接書き込めるって機材もありましたよ。すごいですね。将来的にプログラミングの授業もあるって前に聞いたけど、どんどん進んでいくのかな。

4、お弁当の時間

f:id:yujin-life:20170924225547j:plain

実際授業参観では3時間目と5時間目の授業を見に来てほしいってのが子どもの希望でしたが、ついでに4時間目もみて、お弁当の時間も見ることにしました。

 

特にご飯の時間は食べる場所が自由であれば、最近どの友達と仲がいいか、万が一、1人で食べていることはないを確認するためにです。

まさか、1人で食べているなんてことであったらと思ってみてみましたが、ちゃんと仲良く友達と食べていました。これは本当にホッとしましたね。

 

こういうとこともフリー参観のいいところですね。

本当は昼休みもみてどんな遊びをしているかを見てみたかったのですがうちら夫婦もお腹が空いたので一旦自宅へ帰って腹ごしらえです。

5、さて、午後の授業

f:id:yujin-life:20170924225743j:plain

さて、子どもが希望した5時間目の授業です。

どんな授業かなぁって思って楽しみにしてたのですが…

 

『親子読書』ってやつでした。

まじか…

子どもが好きな本を親子で読むってやつでした。

 

子どもが読むもよし、親が読むもよし、交代で読むもよし、複数持っているなら別々で読んでよしってやつでした。

これって…

 

授業ではないんじゃ…

って心の中で思ってしまいましたが、子どもが希望していた授業でしたので夫婦と子どもで1冊の本を回しながら読みましたね。

 

でも、この時間に保護者が来ていない子どもはどうしていたのかなぁ。読書が始まる前の説明で児童同士で読んでもいいとは言っていたし、読みあう友達もいない子どもは1人で読んでいたのかなぁ…ちょっと気がかりでした。

6、まとめ

土曜日に授業参観があり、1時間目から5時間目まで好きな時間に学校へきて、子どもたちの様子を見れる。これはいいなぁって思いました。

 

このフリー参観は授業中だけでなく、休み時間や、昼休み時間、ご飯の時間も見れる仕組みはとても良い取り組みだと思いました。

 

しかし、先生方の立場からすれば大変でしょうねぇ。保護者が見ている分、いつもより緊張感はあり、それが1日中…緊張しっぱなしかもしれませんね。

 

だからか、最後の授業は授業ってより親子での活動時間にしたのかもしれませんね。

 

ちなみにこの土曜日学校があった分、しっかり代休があるのはちょっと羨ましいなぁって思ってしまう、我々大人2人でした。