Yujin Life

人生楽しみたい。家族と楽しむためにどう生きていくか?また個人的に仕事・趣味などなど日々の生活を書いていきます。

スポンサーリンク

妻がなぜ『そろろそ、働こうと思っている』って話したかを考えてみました。

こんにちわ、ゆうじんです。

 

前回、うつ病で休職中の妻が『そろそろ働きたいと思ってる』って話してきたことを書かせていただきました。

 

www.yujin-life.com

 

しかしながら本当に不安…と言うより心の中では『いやいや無理でしょ…』って感じが満載でした。

そして記事に書かせていただいた後、ぬこ (id:nukoblog)様よりコメントいただいたり、こうた (id:kota_uni)様よりはてなブックマークいただいたり本当にありがたい限りです。

※ってお名前を載せるのってこれいいのかちょっと不安ですがいいのかな…

 

ブログ初めて助けられた気持でした。本当にありがたいです。

 

正直、この件についてはまだ本人とは話していません。どう切り出そうか考え中です。今は仕事するって頭しかないみたいです。

とりあえず、休職中であるため、もう少し、本人が冷静になれたら切り出そうと思っています。

 

なぜ急に働こうと思っているかを話してきたかをかんがえていました。思い当たる節が結構ありました。正直反省するところもありました。

目次

1、貯金が減っている

そうです。何度か書いたことはありましたが、うちらの収入は自分の給与と妻の傷病手当のみです。傷病手当は働いていた頃の約6割が支給されます。しかし、所得税はないものの、住民税や社会保険料は普通に支払うようなので、その6割からさらに減ることになります。

 

ちなみに家計簿は僕がExcelでつけています。車の修理や税金、また民間の保険などの大きな出費がない場合でも大体月々2~3万程度の赤字が続いています。それを僕のわずかなボーナスで少し補てんしている状況です。

※っても補てんしきれていません。トータル的にやはり貯金は減ってきています。

 

最近、子どもの学資保険の登録変更(学資保険は妻に任せていましたが、新居建ててから住所変更してなかったらしい)をした時に通帳と印鑑を持って郵便局へ行った際に通帳の中身を見たようです。

 

そうです…貯金が減っていることを目の当たりにしたのです。

 

今まで通帳などのお金の管理は僕がしていたので、妻は正確な貯金がどのような状況かまでは知らなかったんです。

正確に伝えていない僕が悪いんですが、『自分(妻)が働いてないせいで貯金が減っている』って状況を感じたら働こうと焦るんでないかなぁって思ったから正確には伝えていませんでした。

 

しかし、通帳を見て正確に知ってしまったようです。それが1つの理由です。

2、子どもが…

先日、子どものフリー参観(授業参観が1日中あること)が土曜日にあったことでそれが土曜日だったんです。

その分の代休が組まれていた前日のご飯の時、明日は休みだねってことを話していた時です。

 

そこで気軽に僕が「いいなぁ。休みがあって」って言ったんです。

そしたら妻も同調して「いいよねぇ。夏休みも最近まであって、休みが多くて」って言った後…

子どもが「ママはいつも休みじゃん」って言ってしまったのです。

 

いや、妻の事について休み始めたときにはっきりと子どもには「ママは心の病気があって、今仕事ができないから休むんだよ」って話していますし、定期的に話しています。

 

しかし、最近、子どもが反抗期気味(これってギャングエイジって言うんですね)なのでついつい、ママに突っかかってしまったみたいです。

 

もちろん、子どもが「ママはいつも休みじゃん」って言った後は、僕から「ママは病気だから休んでいるんだよ」って言いました。

子どもは「あーそうかぁ」って言ったことを悪かった気持ちになったように言っていました。

 

しかし、その夜、子どもが寝た後に妻が「子どもにそう思われてんだねぇ」って結構深刻に僕に話しかけてきました。

 

ちょっと?ショックだったみたいです。子どもからすれば、僕や子どもは仕事や学校に行っているのにママは休んでいるってのがちょっと羨ましかったのかなぁ…真意はよくわかりません。

 

でも、妻にはこれが結構響いたのは間違いないようです。

3、僕も要因の1つ

僕がイライラした時期も気になっているような発言も以前聞いたことがあります。ちょっと前までは妻の負担を減らすように、ほとんどの家事の負担をしていました。

 

www.yujin-life.com

 正直、負担が大きかったようで、僕も心身ともにしんどくなってきて、妻にもちょっときつくあたってしまったことがあります。

イライラしてたんですよねぇ。自分がしんどい時は人に優しくなれないって、これ本当です。自分で精一杯でした。

 

妻はうつ病を患うぐらいなので非常に人の目や言動を気にします。過敏なほどです。僕も気にする方で人が僕をどう思っているのか?変な空気を作ってないか気にする方で胃かいようを患ったこともあります。

※夫婦似た者同士かもしれませんね。

 

しかし、妻のそれは僕の比ではありません。僕がすこーし、いつもと違うと妻も気付くのか妻もちょっと変わります。明らかに僕を避けるか、よそよそしくなるか、気を使いながら話すか…

 

今の妻にとっては僕がイライラすることが一番のストレスかもしれません。

そして、僕が一番イライラしてしまっていたのがお金の使い方です。

 

僕は間違いなく『がめつい』方だと思っています。「これは高い!」などと妻に言っては買うことを諦めさせていたことも結構あります。

今節約しなければどんどん貯金が減っていってローンが返せなくなると思うと怖くて怖くて…

しかし、妻が単独で何か買ってきた時に、それが僕から見て『高い』と感じたものはちょっとムスッとなったかもしれません。

 

それを感じた妻は『私が働いていればイライラしなかったり、お金をもう少し自由に使えるのに』と考えてしまうと話していました。

それを聞いてハッ…としてしてしまいましたが、妻に後ろめたい気持ちを抱かせてしまったことは事実です。これは反省ですね…

 

4、どう伝えるか…

たぶん、上記3つのことが積み重なり『働こうと思っている』に行きついたかもしれません。

 

でも、コメントなどいただいた通り、本当にまだ早く焦っている感が否めません。しかし、僕が焦らせた要因ではあることも否めません。

 

しかし、貯金が減っているのは事実…しかししかし、もう少しお金の体力があるのも事実。取り返すのはまだできる!

 

むしろ、家族がこれからもずっと一緒にいるには妻が今無理してでも働くのは違う気がする。ずっと一緒に生きていくために、過ごすために今やれることをやっていこう。でもそれは働くことではない!!

 

ってことを伝えてみようと思っています。もう少しいい、伝え方があるかなぁ…