Yujin Life

人生楽しみたい。家族と楽しむためにどう生きていくか?また個人的に仕事・趣味などなど日々の生活を書いていきます。

スポンサーリンク

子どもがやってしまいました。妻激怒。~前編~

 

f:id:yujin-life:20170929224650j:plain

こんにちわ、ゆうじんです。

 

子どもについてです。今日?昨日?ちょっとした事件?が起きてしまいました。結果的に妻が激怒…怒った妻も怒られた子どもも今は疲れて寝てしまっています。さぁ…どうしようかなぁ…

本日は前編です。昨日起きたことを書かせていただきます。

目次

1、事前情報として

昨日(11月22日水曜日)は僕は仕事は休みでした。その朝はいつものように子どものご飯の準備だったり、歯磨き、薬の準備などを行い、何とか登校班に間に合うようにとそのための支援?はしています。

 

ただ、持論ですが『言われたから急ぐ』って子どもが思わないようにしています。人から言われないと動けない人になってほしくなくて…個人的な教育方針ですけどね。いいのか悪いのかはわかりません。

 

そして、子どもの朝についてなんですが、いつからだったかなぁ…新居を構えてからの初めての夏休みからだったかなぁ。その時ぐらいから取り組んできたお手伝いとして、『朝起きたら、その時点で乾いている洗濯物をたたむ』お手伝いをしてもらっています。

 

~お手伝いの経緯として~

新居を構える前はアパート住まいで朝起きたら洗濯機を回し、そのまま乾燥機能を使って乾かし、夕方にたたんでいました。

 

新居後は夜に洗濯機を回し、タオル以外は部屋干し、そしてタオルだけを乾燥にかけて朝にタオルだけを子どもがたたんでいました。

 

妻のうつ病が始まってからかなぁ…節約しなければと思い、電気代の節約として夜に洗濯して乾燥機能を使わずに全部干すようになりました。そして朝方に乾いた分だけを子どもにたたんでもらっています。

※もちろん僕も手伝っています。

自分がやれば早いんだろうけど子どもがやりたいと言うのでやらせています。

 

しかし、最近の寒さの影響か着替えることだったり、ご飯を食べることだったりが遅くなり、登校班の集合時間にギリギリになってきていることがあるんです。

 

ちなみに子どもが朝起きてからの行動として

6時45分起床

7時までに着替える

7時~終わるまでたたみもの

7時?分たたみものが終わったら朝ごはん、歯磨き、薬。

※この辺で僕は仕事があればこの時間ぐらいで家を出ます。

7時40分登校班の集合場所に集合。

となっています。

※ちなみに集合場所までは家から3分程度のところです。

 

そして、事件が起きました…

スポンサーリンク

 

2、集合時間に遅れる…

まぁ…事件かどうかは分かりませんが、11月22日(水)は僕は休みだったので子どもが家を出ることを見送りました。

 

しかし…その時間…7時49分…集合時間に間に合わず…。あちゃー。僕のミスだなぁ。もっと急がせればよかったかなぁと子どもに対し反省です。

 

今までも僕が休みだった日は見送りはしていたんです。その際、家を出る時間は7時35分ちょいぐらいギリギリ間に合っていたんです。

 

まぁ、今までもギリギリだったのでいつも、子どもに『登校の集合時間に間に合っているの?』『集合場所に行くと待ってもらっているの?』って聞くと、子どもは『〇〇(自分の名前)が最後になっちゃってる』と言っていました。

※後になって聞くと妻も同様の事を聞いてたそうです。妻にも同様の返事でした。

 

こりゃー…急ぐ様に言葉をかけていかないとかなぁって思っていた矢先の大遅刻(集合時間に10分ほど遅れる。)

 

そこで、ふと…気になってしまったことがあるんです。

 

それは

 

『登校班のお子さん方は本当に待ってくれているのか?』

 

です。数分の遅れなら待っているかもしれませんが、10分も遅れれば『今日は休みかな』って思って先に行くことはあるかもしれない。

と子どもを見送った後に感じてしまい…ちょっと追いかけてみました。

 

そしたら…いない!

 

登校班のお子さん方は誰もいない…間違いなく先に行ってしまったようです。子どもは走って追いかけていますが、直線距離で100m程では登校班はみえていないのでかなり先に行ってしまった模様。

 

ってのが事件でした。

こりゃーお手伝いはしばらく止めにして登校班に間に合うことをまず考えていこうと決意しました。子どもに悪かったなぁって…子どもが帰ってきたら謝って話そうと思っていました。

3、夕飯後…

そして子どもが帰ってきて、夕飯を食べ、妻がお風呂に入っている間です。その間は子どもが歯磨きをして、妻がお風呂から子どもを呼ぶまで待っていることになっているんです。その時の2人きりの時に聞いてみました。いつものように…

 

僕から

『今日、登校班に間に合ったの?』『今日も待ってもらったの?』

って聞いたみたんです。

子ども

『今日もみんなに待ってもらったの。〇〇(自分の名前)は最後だったけど待ってもらったの』

って言うんです。

 

んー…こりゃ、完全に嘘ついてるな…どうするかなぁ…

『本当に間に合ったの?10分ぐらい遅れたでしょ?』

問いただしてみました。

子ども

『遅れたけど待っててもらったの。』

んー手ごわい…自分から白状はしなさそうです。

 

ちょっと嘘をつかれたショックもあり、本当のことは言わない様子だったので、その日子どもの好きなマンガを買ってきてお風呂に呼ばれるまで読む予定だったんですけど…

 

そう(嘘)言っている以上はマンガはないよ(読んじゃだめだよ)。

って言ってみました。

 

子ども

『(たぶん真意はわかっていない)待たせてごめんなさい。次から頑張ります。

って…

うーん。どうしようかなぁ。

とりあえず、その日はもう遅かったしお風呂も呼ばれたのでマンガは読ませず。次の日11月23日に僕の車の中に隠しておきました。

 

そして、11月23日…それが妻にも被害が及んでしまいました。

続きはまた明日書きたいと思います。