Yujin Life

人生楽しみたい。家族と楽しむためにどう生きていくか?また個人的に仕事・趣味などなど日々の生活を書いていきます。

スポンサーリンク

子どもの個人懇談会に行ってきました!思ったより楽しかった!

f:id:yujin-life:20171130225150j:plain

こんにちは、ゆうじんです。

今日は仕事はたまたまお休みをいただいてたので、子どもの個人懇談会に行ってきました。

普段は学校でのことは子どもからしか聞けないので、先生から見た、子どもの様子がどんな感じかを聞けたのは本当によかったし、楽しかったです。

目次

1、今までは…

f:id:yujin-life:20171130231006j:plain

1年、2年生と今まではずっと妻が行っていたのですが、本日たまたま僕が休み、そして妻が退職で花束貰いに元職場へ行く予定があったので僕が行くことになりました。行く前は緊張していたんですけどけっこうよかったです。

 

教室で先生と1対1で話すことなんてこんな機会しかないので、色々聞こうと意気込んでいましたが、1人あたりの時間はお手紙では予定10分間。どこまで聞けるんだろうか…

 

そう思いながら予定の10分ほど前に学校につき、保護者の待機場所に行って待っていました。待っている場所は妻に聞くと会議室みたいなところらしい。そこに次の保護者が待機し、呼ばれたら教室へ。と言う流れでした。

2、待っている間

f:id:yujin-life:20171130225344j:plain

しかし、そもそも待機場所の部屋の場所がいまいちわからない…普段、学校になんて行かないものだし、数年前に建てられた校舎なのでちょっと作りも単純ではない感じ…いつ行っても迷うんですよねぇ…。子どもたちの事を考え、あえて面白く、わくわくさせるように作ってあるのかな?

 

良く考えると待機場所なんだから懇談会が行われる教室の近くだよなぁって思いつつ、教室の近くへ行くとやはり目的の部屋がありました。そこで待っていると程なく呼ばれ、教室へ。

3、懇談

f:id:yujin-life:20171130225506j:plain

当たり前ですが子どもたちがいない。いない教室ってなんだか不思議とワクワクしませんか?子どもがいるのが当たり前で、その当たり前がなくて逆に大人がいる状況ってなんだか…不思議な気分です。

 

先生も保護者も子どもたちの机と椅子に座ります。子どもは3年生なのでかなり低い…加えて、椅子の座る部分の長さも短い。まぁ、この辺は仕方ないですよね…

 

先生と保護者は対面する座り方ではなく、僕からみて斜め左側に先生が座っている位置関係になっていました。

 

心理学上、正面に座りあう対面式だとちょっと攻撃的になるんでしたっけ?横か斜めに位置取りしていると穏やかに話ができるようなことを聞いたような…そういうことも意識しての位置取りなんでしょうかね。

 

僕は初めて行ったのでこれが毎回なのか、今年の先生だけなのか、学校全体で行っていることなのかは分かりませんでしたが、保護者と協調していきたいって雰囲気が伝わりますね。いい印象を持ってもらいたいのかな。僕は持ちました。

スポンサーリンク

 

4、懇談内容は…

f:id:yujin-life:20171101000028j:plain

懇談内容は、時間が10分しかないので、まず先生の話を聞こうかと思いました。先生から話し始めた内容はまず勉強。

 

勉強は大きな問題はないようなことでした。特に国語については音読の抑揚や表現についてはよくできていますと。他の教科もよくできていますとのことでした。

 

まぁ、勉強のことは極論、通知表を見ればわかるので。僕はあまり聞きたいとは思っていなかったので、ちょっと僕から質問をしていきました。

 

聞きたかったことは、勉強以外。友達との関係性や学校で過ごすための社会性です。それに最近、言葉使いなどが気になっていたので、学校ではどんなだろうか聞いてみました。

関係性についてはある友達とは仲がいいのでその友達をきっかけに友達の輪に入っていっている様子。まぁ、よかった。昔、昼休みはどんなことしてるの?って聞いたら1人で図書館行って本読んでるって言ってたもんだから友達との関係性はよくないのかな?って心配になっていたもので。

 

社会性については…まず、うちの子どもは正義感が強いのか、ある子が悪いことをすると注意するらしいんです。この時期の子どもが悪いことするって大概男の子かなと。そうなるとちょっとケンカになるんです。

 

注意するうちの子ども。悪いことだとはわかっているんだけど、注意されると面白くないと思ってしまう男の子。しかも注意された男の子からすれば、注意してきたのが女の子なので余計面白くないかもしれません。

 

そうなると言い争いのケンカ…そして元々悪いことをしてるって自覚している男の子が口では負けるので手が出てしまうらしいです。そうするとうちの子どもも負けじと手が出てしまう。もう保育園ぐらいかケンカの原因が変わっていません…

 

そんなことが3年の1学期は度々あったんです。最近はあまりそういうことを話さなくなったので、もうないのかなぁって思ったんですが聞いてみたころ、確かに1学期までは度々ありましたが、最近は見られなくなってきているらしいです。

注意する言葉使いが優しくなってきていることや、本人には言わずに後程先生に報告しているみたいです。

 

でも、悪いことは悪い。良いことは良いって言える子どもであり続けてほしいもんですね。でも、協調性も育んでほしい。中々難しいところですね…

5、おわりに

f:id:yujin-life:20171103225622j:plain

そんなこんなであっという間に10分間が過ぎてしまい…僕から長引かせるようなことがあると先生もこの後もいっぱいあるので気を遣ってしまいました。僕から最後に質問していいですかとして1つ質問して終わりにしました。もう少し欲張りに聞けばよかったかな?

 

10分だけでしたが、けっこう色々なことが聞けたので本当に良かったです。保護者の方々は待機者だけみたら僕以外全員、ママさんでしたが、僕としては行けるなら今後も行きたいなと思う個人懇談会でした。

スポンサーリンク