Yujin Life

人生楽しみたい。家族と楽しむためにどう生きていくか?また個人的に仕事・趣味などなど日々の生活を書いていきます。

スポンサーリンク

学校で使うから用意してほしい物はお手紙か、連絡帳に書かせてほしい件~僕はモンスターペアレントか?~

f:id:yujin-life:20170815232837j:plain

こんにちは、ゆうじんです。

タイトルの通りなんですが、学校でちょっと『ん!?』と思うことがありました。

目次

1、今までは…

f:id:yujin-life:20171213233541j:plain

例えば図工の授業で「何か作るから〇〇までにこんな様なものを用意して持たせてください」ってお手紙で来るんものです。その他にも「習字の授業があるから〇〇までに名前を書いて持たせてください」とかかなぁ。

 

入学してから~今に至るまでは保護者が用意するものはお手紙や連絡帳をみて、持たせたり、用意させたりしていました。特に1年生の頃は色々あったなぁ。お手紙を渡すことを忘れていてギリギリになって妻が怒ったりすることもありました。

 

特に名前を書いてもらうことは1年生の頃はとても多かった気がします。当たり前かな。小さい頃って失くしやすいですもんね。それも今やいい思い出ですね。ちなみに僕は字が汚いので妻にほぼ書いてもらっていました。

 

それが今回はお手紙も連絡帳にも何にもなく、子どもの言うこともちょっと要領を得ない…親としては『どうしたらいいの!?』って思ったことがあったんです。

2、理科の工作

f:id:yujin-life:20171213234105j:plain

それが理科の授業…今、電気の事を習っていて、電球、電池、ソケット、導線を使って色々と作って遊んでみようって感じでした。

 

その作るものは4種類です。

くぐり抜けゲーム

持ってくるもの:針金

電池と導線をつないで、片方に針金を輪っかにしたものを繋ぎ、もう片方に導線と針金を繋いで針金を色々な形にする。

そのいろいろな形にした先端から、もう片方の輪っかにした針金を通しながら導線までふれずに通しきる!

⇒いわゆる昔テレビでやっていたイライラ棒の簡易版でしょうか。少しでも輪っかと針金が触れると電球がついてしまうってやつです。

 

ピカピカホタル

持ってくるもの:アルミホイル

ホタルを紙などで作り、電球をホタルが光る部分に見立てて導線を繋ぎ、アルミホイルに繋ぎます。

アルミホイルにセロハンなど絶縁体を貼ります。通電する箇所としない箇所にくぎを当てて光ったり光らなかったりで遊びます。

 

ミニスタンド

持ってくるもの:透明なプラスチックのコップ

透明なプラスチックのコップを逆さにして、棒で吊るします。

そこに電球を入れて、導線を繋ぎ、片方側にスイッチを作ります。

スイッチは二つ折りにした先端に電気を通すものを貼って、そこに導線を付けます。折り目の通りに折れば通電すると言う仕組み。

 

じゃんけんゲーム

電球を三つつかい、紙にグー、チョキ、パーを書き、それぞれに電球を設置します。導線にミニスタンドでのスイッチと同様なものを三つつくり、じゃんけんして、出したいものを光らせます。

 

まぁ、電池と電球を使って電気が通っているかで遊ぶものでしょうかね。

それを明日作るみたいです。しかし…連絡帳にもお手紙にも何も確認するものがない。

3、子どもは…

f:id:yujin-life:20170922234436j:plain

うちの子どもは月曜辺りから4つのうち「くぐり抜けゲームを作るから『針金』が必要なの」とのこと。って言っても果たしてそれを保護者が用意するのか。学校側が用意するのか?全くわかりません。子どもに聞いてもよく覚えていないとのこと…

 

っても、針金なんて普通、一般家庭にはないもんかなと。むしろ学校の方がいっぱいある気がしてなりません…本当に児童(保護者)が用意するのか、学校側が用意するのかが全く確認できません。

 

そのため、子どもに木曜までにちゃんと聞いてきてとは伝えておきました。ちなみに理科の担当の先生は担任の先生ではないんです。それが今回起きたことの原因かもしれません…

スポンサーリンク

 

4、そして本日水曜日…

本日までに聞いてこないと木曜までに準備できないなぁって思っていました。とは言いつつも万が一、間に合わないと子どもが困ってしまうかなと思って針金は仕事帰りにホームセンターに寄って購入しておきました。

 

しかし…針金はそこまで値段は高くないけど、1つで12メートルぐらいありました。工作程度なら1メートルぐらいあれば十分かなと思うのですが、そんな短い単位では売っていませんよね。1人で使うなら長すぎるけど、学校で用意すればそれをみんなで分け合って使えば済むことなのに…

 

そんなに長いってことは針金を切る必要があるんです。ニッパーとか理科で使うんかな。はさみで切れるのか?その辺も全くわかりません。確認もできません。

5、曖昧…誰が困るの!?

f:id:yujin-life:20171213235057j:plain

こういうの…本当に嫌なんですよね…筋が通っていないと言うか。保護者が準備する必要があるならお手紙か連絡帳に書いてくれればここまで迷うことがなかったのに。お手紙なら作成に時間かかるけど連絡帳に各児童へ書かせるなら本当にちょっとしたことなのに。

 

別に用意する必要があるなら全然するんです。しかし、何も確認するものがないってことは子どもたち自身が工作で使うから準備しなければならないってことを頭の中で覚えていなければ用意することが出来ないと思うんです。たぶん、明日道具を準備できないお子さんもいるかもしれません。

 

それって誰が困るの!?子どもたちでしょ?悪いのは準備しなかった保護者?口頭でしか言わなかった理科の担当の先生?どちらにせよ困るのは子どもたちです。大人たちのせいで子どもが困るんです!見てられません。

 

お手紙を作るとか、連絡帳に書かせるとかそんな事が出来ないほど忙しいの!?その忙しさで被害を被るのは何で子どもたち?ひいては保護者?本当にいい加減だなぁ。と思います。

 

これってモンスターペアレント?ってこと?そうなのかな?そう思われてもいいってぐらいです。電話でもしてみようかなって思っています。

スポンサーリンク