Yujin Life

人生楽しみたい。家族と楽しむためにどう生きていくか?また個人的に仕事・趣味などなど日々の生活を書いていきます。

スポンサーリンク

学校の先生と児童の関係をビジネスでの関係性で考えてみました。

f:id:yujin-life:20170815232837j:plain

こんにちは、ゆうじんです。

12月13日にこんな記事を書かせていただきました。

www.yujin-life.com

 子どもの学校の理科の授業でのことです。結果的にはちょっとした工作をするので、児童それぞれが必要なものを持ってくるようにとのことでした。

しかし…前日まで子どもが言うことも的を得ない。学校が用意するのか、自分らが用意するのか曖昧。しかもそれについては連絡帳にも書いてないし、お手紙も配布されていない。

確認のしようがないことに問題がありました。

 

その後の結果です。ちょっと今回は憤りがあるので書きなぐりの文章にて読みにくいかもしれません。

目次

1、結果的には…

 

f:id:yujin-life:20171213235057j:plain

結果的には児童それぞれが必要なものを持ってくるようにとのことでした。しかし、その工作をする予定の理科の授業時、しっかりと持ってきた児童は約半分ぐらい(うちの子どもの見立てです)だったそうです。

 

きっと…児童が両親に言い忘れていたか、両親もよくわからない状況だったのかもしれません。

しかし…今回に関しては言い忘れて、持ってくることも忘れていた児童は悪くない気がしてなりません。うちの子どもから聞く限り、持ってくることを言われた授業が先週末ぐらい、そして実際に工作をする授業が昨日。約1週間ぐらいの期間が空いています。

 

そんなん忘れますよね…大人でもメモなどを取らない限り忘れる可能性が高いと思われます。そのメモとして学校って連絡帳に書かせたり、お手紙を配布して保護者へ周知したりすることをしているのでは?と考えます。

2、忘れてきた児童への対応は?

f:id:yujin-life:20171216000826j:plain

うちの子どもから聞く限り、忘れてきた児童はその授業時にどうしていたかと聞くと『持ってきた児童がやっているのを見ていなさい』だったそうです。その後、忘れてきた児童には『連絡帳に書くように』と伝えていたそうです。

 

まじかよ…それ、最初から言えって…ってほんっとうに思いましたね。一回の授業だって貴重な45分なのに、それを見ているだけで終わりって。そしてその後で『連絡帳に書くように』って。それは横柄ではないでしょうか?

 

それ、最初からやればね。今回の工作の授業で全員まではいかないかもしれませんが、おおよそは持ってこれたんではないでしょうか?

3、今回の一件についての考察

f:id:yujin-life:20171216002000j:plain

今回の一件に関しては本当に対応が悪いのではないかと本当に思いました。先生の肩を持つとしたら、『児童を信じて口頭で言えばできる』と判断したかもしれません。でも、それって児童を信じると言うより、児童の能力以上のことを求めてしまった結果ではないでしょうか?

 

部下の能力以上の事を要求し、助け船を出さずに非難する

 

これってビジネスで言えばいわゆるハラスメントの一種では?

 

今回は学校が職場、先生が上司。児童が部下だと仮定します。あくまで仮定です。

 

次の理科の授業で必要なものを持ってくるように口頭のみにて伝える。実際に工作する授業はけっこう期間が空いている。

となると、忘れることを想定して大人であればメモを取ることはできるかもしれません。

ですが児童の場合、帰りの会で連絡帳に書かせるために先生が連絡事項を黒板に書いてそれを各児童が連絡帳に写しています。

と言うことはメモ(連絡帳)を自らの判断で書く能力は児童には備わっていません。

 

それは容易に想定できたのではと思います。だって正直書くと理科の先生はけっこう教員生活の長いベテランの先生なんです。当先生が児童に連絡帳に書かせるために帰りの会に来て書かせる。もしくは担任の先生に帰りの会に連絡帳に書かせるように指示をするなどの対応が必要だったのではと思います。

 

先生(上司)としての連絡ミスがあったのではと思えてなりません。それでいて、自分のミスは深く考えていないのか忘れてしまった児童(部下)へは『やっている児童をみていなさい』と。それって授業(仕事)をさせないと言うことでそれもハラスメントでは?

 

そしてその授業の後で『連絡帳に書きなさい』と。それって自分のミスを棚に上げて児童のせいにしようとしていない?

 

それってあんまりだと思いませんか!?やはり一番の被害者は児童だと言いきれそうです。

スポンサーリンク

 

4、おわりに

f:id:yujin-life:20171103225622j:plain

結局僕は学校へは電話しませんでした。なぜならうちの子どもへは必要なものを持たせ、うちの子どもは工作ができたのもあります。加えて妻のママ友ネットワークによるとその理科を担当している先生はちょっと難しい先生らしいので。

 

さらに妻としては『事を荒立ててうちの子どもがその先生に目を付けられたくない』とのことだったので電話はしませんでした。

それでも、今回の件は腑に落ちません。こうやって信頼関係を損ねてしまうのかなぁ。って思います。

 

どう思いますか?僕間違ってますかね…