Yujin Life

妻がうつ病となり、我が家の家計は火の車…でも家族で楽しんで生きていきたい。そのための節約や子育て、趣味など我が家の事を書いていく雑記ブログです。

スポンサーリンク

サンタさんがクリスマスプレゼントを間違えて持ってきた…

 

f:id:yujin-life:20171225221131j:plain

こんにちは、ゆうじんです。

やってしまいました。正確に書くとやってしまったのは僕ではないのですが…事件です…

目次

1、クリスマスイブの夜…

f:id:yujin-life:20171225221529j:plain

クリスマスの夜…サンタさんからのプレゼントをそっと置いておく。小さなお子様のいらっしゃるご家庭ではある様子でしょうかね。うちら家族も例にもれずプレゼントをセットします!

 

置いておく場所を考えていると、僕ら夫婦が気付かないうちにきっと子どもが置いたと思われるテーブルにサンタさんへの感謝の気持ちを書いたメモ紙と折り紙があるではありませんか!なんとかわいらしい!折り紙と言うより紙で作ったクリスマスツリー!クオリティー高かったです。

 

それを見た僕ら夫婦はクリスマスツリーをいただいて、そのメモ紙に『ありがとう!プレゼントを置いていきますね!』と一言添えて、プレゼントを置いて寝させていただきました。

いやーまだサンタさんがいるって思っていますね。でも、本当にいる気がしますよね。そう思っていた方が気持ちがいいではありませんか?

2、翌朝…

f:id:yujin-life:20171225222003j:plain

翌朝ってことはそう!クリスマスです!子どもたちにとってはサンタさんからのプレゼントがもらえる日ですね。たぶん子どもたちにとっては1年で最高にうれしい朝でしょうかね!

 

しかし、うちの子は…起きない…僕が最初に起きて9時頃…そして子どもが起きだしたのが10時は回っていたかな?…プレゼント興味ないんかい?!

まぁ、それはいいとして、子どもが起きだして、テーブルの上にプレゼントがあることを確認!『やったー!』って言ってましたね。

いやーよかったよかった。これでクリスマスはひと段落しますかね。

ちなみに子どもがサンタさんに頼んだプレゼントはニンテンドウスイッチソフトの『スーパーマリオオデッセイ』です。

3、プレゼント…

f:id:yujin-life:20171225221416j:plain

ちなみに子どもはすぐに開けずに「勉強が終わってから」って言ってご飯食べて、勉強をしだしました。お、おーなんて子だ!

そして勉強終了!すぐそばで年賀状に一言コメントを書いていた僕に「プレゼント開けていい?」って聞いてくるので「いいよー」って返します。

そしたら…

 

子:「マリオオデッセイじゃなーい…」

僕:(心の中で)『えーーー!』

  (実際には)「そんなことはないでしょ?」

子:「でも、ほら…」って僕にプレゼントの中身を見せてくる。

それは確かに『スーパーマリオオデッセイではない…』。『スーパーマリオカートデラックスだ』。

ちなみにこれがスーパーマリオカートデラックス…

そしてこれがスーパーマリオオデッセイ…

僕:(内心動揺しつつ)「サンタさんはおじいさんだから間違えちゃったんだね」と子どもに伝える。

子:「どうしよう…間違われちゃった…はぁー…」

 

ってな感じでした。実は毎年、クリスマスプレゼントは僕ら夫婦が買っているんですが、今年は妻のご両親から買っていただいたんです。うちの子どもの誕生日が1月でクリスマスと2週間ぐらいしか違わないので、今年は僕ら夫婦が誕生日プレゼント、ご両親からはクリスマスプレゼントにしようって話になっていたんです。

スポンサーリンク

 

4、そして…

f:id:yujin-life:20171225224047j:plain

クリスマスプレゼントを楽しみにして、勉強を終らせてからプレゼントを開けたってことは開けてからすぐに『スーパーマリオオデッセイ』をするつもりだったみたいで本当にショックを受けていました。

 

そして、寝ていた妻に事情を話して、すぐに電話…しかしつながらず、LINEをしてしばらく待っていると電話が…

 

妻のご両親曰く、『店員さんに確かにオデッセイって言ったのに間違われた。交換してくる。文句言わない時が済まない』とのことでした。確かに、『スーパーマリオカート』を受け取ってもご両親にはそれが『スーパーマリオオデッセイ』なのか『スーパーマリオカート』なのかはすぐに判断できませんよね…

しかし、24日にプレゼントの中身が違うなんて思いもよらなかったので確認もしませんでした…しまったなぁ…

 

そしてオデッセイを一度、ご両親へ返して、交換してもらうことに。しかし、交換に行くには明日になりそう…さて、子どもにどう伝える?サンタさんが交換するって…さすがに小学3年生。変に思うでしょ…

 

妻が切り出しました。

妻:「サンタさんにママが電話して交換してもらうことになったの。でも、忙しいから明日になっちゃうって」

子:「交換?できるの?」

妻:「ママが電話して事情を話したら交換してくれるって」

子:「でも、明日かぁ…まぁ、忙しいからね」

 

ってな感じでしたかね。なんとなーく察しているかもしれませんが、納得はしていました。子どもにしたら欲しがっていたプレゼントが届くだけでいいのかもしれません。

しかし、プレゼントを間違われるなんて…なかなかない経験でしょうかね。ずっと思い出話になりそうです。しかも交換って。この歳のクリスマスは記憶に残るでしょうね。

 

そして、僕は今日は休みだったのですが、明日は仕事。妻は機械音痴に等しいので、ニンテンドウスイッチを設定できないみたいです。初期設定は済ましておいたのですが、テレビへの接続ができない様子ですので、実際にオデッセイをするのは僕が仕事終わってからかもしれませんね。子どもにとっては災難でしたね。