Yujin Life

妻がうつ病となり、我が家の家計は火の車…でも家族で楽しんで生きていきたい。そのための節約や子育て、趣味など我が家の事を書いていく雑記ブログです。

スポンサーリンク

なかかな思うように進まない…妻の症状が後戻り…

f:id:yujin-life:20171003095825j:plain

こんにちは、ゆうじんです。

何度も書かせていただいていますが、妻は平成28年8月よりうつ病と診断され現在に至ります。

前回、この件の記事では妻が就職活動頑張っているってやつだったかな?

www.yujin-life.com

 就職活動をしていましたが、年末年始も絡みお休みしていました。そして1月…特に進展がないようです…と、言うのも…色々理由があるんです。

1、学童保育が…

f:id:yujin-life:20180119225605j:plain

今まで子どもについては学童保育を利用していました。しかし、就職活動中となるとそうもいかないみたいで先週末に『就職活動中なら利用できません』と言われてしまったみたいです。

 

まぁ…確かに学童保育側からすれば『就労可能で就職活動中なら自宅にいるでしょ?であれば子どもはみれるでしょ?』って感じにとられるかもですよね…と言うことで今週から学童保育を利用できなくなり子どもは遅くとも16時には帰宅します。となるとちょっと問題が発生してきました。

 

妻の現在は午前中は自宅でゆっくり過ごし、たまには寝ている。そして午後から受診や買い物に行くんです。そうなると子どもがいるとちょっとその時間が無くなってしまいます。特に受診。精神科のかかりつけは午後は15時30分から開始です。

 

妻は午後の診療に合わせて受診していました。しかし、子どもがいるとそれがなかなか難しくなってきます。子どもを留守番させるか一緒に連れて行くことも可能ですが、精神科の受診はちょっと連れていきたくないみたいです。そりゃそうか…

 

となると、ちょっと悶々としてきているみたいでした。思うように物事が運べない感じでしょうかね。

2、就職活動

f:id:yujin-life:20180119225327j:plain

就職活動は…正直言って上手くいってないみたいです。ハローワークに行っていますが自分に合った仕事かつハードルが低い職はないみたいです。まぁ、四の五の言ってられない状況かもしれませんが、就職の試験に2度失敗していること、うつ病を患っているのできつい仕事はちょっと難しい。加えて子どもの事もある…なかなか条件が厳しいです。

 

しかも…経済的なリミットが近くなってきているのが現状です。平成29年12月までは傷病手当を支給させてもらっていましたが、ハローワークを通じて就職活動をしたいとのことで平成30年1月より失業保険に切り替えました。主治医としてもOKが出たみたいです。

 

僕としては『これでもう少しセーフティネットが延長できるなぁ』って思っていましたが、そうもいかないみたいです。妻にちゃんと聞くとうつ病と言えど自己都合の退職となってしまうみたいです。保険の受給に関しては病気の発症と言うことで3か月の待機期間は省かれるみたいですが、受給期間については90日みたいです。

 

となると、平成30年1月から失業保険に切り替えたのでリミットは約3か月後の3月末ぐらいかと。傷病手当を受給し続けても、失業保険に切り替えても平成30年の3月ぐらいまでだったとは…僕としても甘かったです。

 

そのリミットが妻にとっては不安が強いみたいです。ネット上でハローワークから求人を検索しますが思うように見つかりません。しかし、受給できる期間は決まっている。どうしようか…決まらなかったら…となり、不安症状があふれています。

3、症状の悪化

f:id:yujin-life:20180119224931j:plain

子どもの対応だったり、就職活動だったりと自分が思うように事が運べないと悶々としてきたり、不安症状や不眠、食欲不振が強くなってしまっているみたいです。ちょっと昔に戻っています。

 

今週火曜ぐらいからご飯の支度はおろか子どもが帰ってきても寝ている状態。『子どもにも申し訳ない』って言っていました。水曜日は僕が休みだったのでご飯の支度やら家事をこなしました。

 

しかし、木曜日は僕は仕事…帰ってくると何にもできておらず…寝ていたそうです。確かにその日は子どもの授業参観であったママ様方と接する機会なのでちょっと人疲れ?してしまったみたいです。

 

僕も水曜に続き、木曜もご飯の支度やら子どもの風呂や家事をできればよかったんですけど…疲れ果ててしまったので外食にしてしまいました。お金がないのにね…まぁ、仕方ない。

 

ちょっとこのままでは僕もまた体力的にも精神的にもつらくなってしまいます…さてさてどうしたものか…

スポンサーリンク

 

4、学童保育の申し立て

f:id:yujin-life:20180119225855j:plain

就職活動の事は僕が手伝えることは少ないかもなぁって思ったので少しでも精神的な負担を減らすために行けなくなってしまった学童保育について事情を話して利用できないかを検討しました。

 

就労可能で就職活動中なら自宅にいるでしょ?であれば子どもはみれるでしょ?』って言い分は分かりますが、妻の病状や事情を話せば利用できるのでは?と思い、まずは学童保育の管轄である市役所の子育て支援課へ相談。

 

そうすると「診断書と疾病申立書があれば利用できますが、利用できる日はその方の受診日のみとなります」との返答でした。それだけだとちょっと意味がないと…そのため僕は食い下がりました。いや…泣きつきました。

 

「妻はうつ病で就職活動はしていますが、今は自分自身の事で精一杯なんです。子どもが嫌と言うわけでなく、妻自身の時間をもつことで家庭もうまく回るんです。今までそうでした。なので…助けてください。今まで利用させてください。本当に助けてください」と…

 

市役所の方はちょっと困った感じをしましたが「わかりました。上の者と相談してみます」とのことでした。10分後ぐらいすると電話が…

 

「事情は十分に分かりました。その学童保育に今まで通り利用できるように連絡しますので診断書と疾病申立書を今まで利用していた学童保育へ提出してください」と。

 

「ってことは今まで通り利用できるってことですね?」改めて聞きましたよ。

そうです。しかし、就業できたら就労証明書を出してくださいね」ってことでした。

 

いやー本当に助かりましたよ。こういうのって役所仕事なので融通が利かないと思いきや効きました。でも本当に助かるんです。ありがたいです。いや、本当に強引に使いたいわけではなくって、妻が少し症状が軽くなるまでは使わせてもらいたいってことなんです。

5、学童保育へ

f:id:yujin-life:20180119230035j:plain

そして、妻に電話をして、診断書をもらってきてほしいこと、その診断書と申立書は僕が学童保育に行ってだすからってことを伝えました。妻は何とか言ってきてくれたので今度は僕が学童保育へ。

 

学童保育の先生に会うと

「今回はすいませんでした。そういう事情も知らないで利用できないなんて言ってしまって、もう少し察することができれば…なのでこれからもお気軽にご利用ください」

 

と謝ってくれました。僕としては利用させてくれればありがたいだけなんです。それだけです。しかし、話を聞いていくとなんだかその先生は自身のご家族様もうつ病の方がいらっしゃって、うつ病については理解しているようです。それであればありがたい。

 

いやーありがたいです。

しかし、ありがたいのは僕の仕事場の方々です。事情を話したら妻や市役所、学童保育へ電話する時間をいただけました。本当にありがたいです。

6、今回…

f:id:yujin-life:20180119223957j:plain

今回、本当に助かりました。子どもも学童保育に行けなくなったことが急なのでちょっとさみしがっていましたが、もう少し利用できると話したら喜んでいました。本人が行きたくなってなら仕方ないかもしれませんが、妻としても僕としても助かります。

 

これで妻の精神的な負担はちょっと減りましたかね。しかし、現実的に就職活動の期間は決まっています。ここが僕ら家族の正念場かもしれません…