Yujin Life

妻がうつ病となり、我が家の家計は火の車…でも家族で楽しんで生きていきたい。そのための節約や子育て、趣味など我が家の事を書いていく雑記ブログです。

ついに子どもが自分の部屋で1人で寝ることに!

f:id:yujin-life:20180108231953j:plain

こんにちは、ゆうじんです。

もう、一昨日の事ではありますが、ついに子どもの部屋にベッドを配置して、一昨日から1人で寝ることになっています。ここまで来たね…成長って早いもんですね。

目次

1、どこのやつ?

f:id:yujin-life:20180108232636j:plain

ベッドはニトリさんの脚付マットレスです!数年前に近くにできたのでそこで買うことになりました。似ている商品で、無印良品さんのもあったのですが、無印良品さんは僕らが住んでいる地域からは遠くて…

しかも、値段的にはお値段以上!無印良品さんのよりは結構割安で購入することが出来ました。と言っても無印良品さんのベッドは僕ら夫婦が使わせてもらっているベッドです。妻が新居を構えた時から『無印良品のベッドで寝たい』と言うもんで…

 

当時はまだ資金に余力があったので無印良品で購入しましたが…今は生活するのにやっとなのでニトリさんにお世話になりました!ありがたいです!

 

と言っても、他に必要な寝具も全てニトリさんで揃えさせていただきました。

2、ベッドの他に…

f:id:yujin-life:20180108232523j:plain

いやーしかし…ベッド単品だけでは寝れませんよね。よくよく考えると掛け布団や毛布も妻と共用して使用していたので全部そろえることになりました。

ベッドの他に揃えたもの

ボックスシーツ、掛け布団カバー、枕カバーセット

ベッドパッド

掛け布団

毛布です!

総額30000円弱…まぁ…ね…

このベッドと年末年始のイベントもろもろで僕のボーナスはほとんどが飛びましたよ。でも、これは必要経費ですよね。

スポンサーリンク

 

3、自分の部屋で1人で寝る

f:id:yujin-life:20180108232614j:plain

ちなみにどのくらいから1人で寝るんでしょうかね?

そろそろ我が家も! 子どもと別々に寝るのはいつから?|ベネッセ教育情報サイト

によると7~9歳ぐらいが多いようですね。ちょうどよかったのかな?それともギリギリかな?

 

子どもに聞くと特に寂しい感じはないようですね。部屋のドアを完全に締め切るのはちょっと怖いようで開けていますが、それ以外は特別何も言ってこないです。3年生ってそんなもんかな。それよりも自分のベッドが出来て、自分なりにぬいぐるみやらを置いて楽しんでいるみたいですね。

 

ちなみに子どもの部屋は4.5畳で机とベッドが入ったことで結構いっぱいになりましたね。しかし、エアコンがまだないので寒いかなぁと思いきやそうでもないようです。そりゃ、布団に入れば寒くはないですかね。

 

夏場をどうしようか今から考えていかなきゃですね。そう…子ども部屋用のエアコンです。夏のボーナス…いや、その前に買わないとかな。それともドアを開けきって2階のエアコンで補えるかな?今から出費があるかと思うと怖いですね。

4、妻は…

f:id:yujin-life:20180108231451j:plain

今まで子どもは妻と同じベッドで寝ていました。そして子どもが1人で寝るようになってから妻も1人で寝ることになります。その辺の感想については『寒い』とのこと。今までは子どもが湯たんぽ代わりだったのかもしれませんね。

 

今は本当の湯たんぽをベッドに入れて温まっています。それ以外は正直『快適!』だそうです。子どもが大きくなってから子どもの寝相で度々起こされたり、たまーにかかと落としや裏拳が顔面やお腹に当たっていたらしいので、その恐怖が無くなっただけでもよく寝れそうな気分とのことです。

 

まぁ、妻もしっかり寝れるといいなぁって思います。やはり子どものベッドは必要経費ですね。

5、まとめ

f:id:yujin-life:20180105231953p:plain

子どもが小学3年生の冬でついに子どもが自分の部屋で1人で寝ることになりました。本当はもうちょっと早くにしたかったんですけどね…いかんせん経済状況が…ごめんなさいね。もっと稼がねば…

 

しかし、子どもが自分のベッドで寝ることで妻ものびのびと寝れそうだし、子どもも楽しそうにしている!いい買い物だったかなぁって思います。

 

しかし、ニトリさんの脚付きマットレスもいいですね!まさにお値段以上な感じを受けています!難点は組立がちょこっとあることぐらいかな?夫婦二人でやればなんてことないとは思います。特に2階まで運ぶのは2人の方がいいかもしれません。

スポンサーリンク