Yujin Life

妻がうつ病となり、我が家の家計は火の車…でも家族で楽しんで生きていきたい。そのための節約や子育て、趣味など我が家の事を書いていく雑記ブログです。

『秋葉温泉花水』妻は絶賛!とってもおしゃれできれいな温泉施設でした!

f:id:yujin-life:20180131225849j:plain

こんにちは、ゆうじんです。

今日は久々に妻と出かけてきましたよ。このものすごい雪の日になぜかって…妻の誕生日のお祝いを31日にしようって約束してしまったもんだからね。妻の誕生日は1月6日。そして子どもの誕生日は1月3日、正月で双方のご実家への挨拶もあるし、正月はイベントが多すぎます…

なので、妻の誕生日お祝いを毎年ずらしてどこかへ連れて行っています。今回は3年前に行った温泉施設へ行き、マッサージを受けてもらいました。

目次

1、秋葉温泉花水

f:id:yujin-life:20180131230211j:plain

「あきばおんせん かすい」って読むみたいですね。新潟県新津市…いや、もう新潟市になっているのかな。色々と合併して以降、地名が変わったのがいまだに覚えきれていません。

新潟県秋葉区になっているみたいです。

ここは僕の印象で言うと『おしゃれな温泉施設』って感じです。和か洋で言ったら洋って感じの温泉施設です。まぁ、たたみ部屋もありますけどね。女性客の取り込みを狙っているかもですね。

3年前もここへ行き、マッサージを受けてすごい気持ちよかったらしく今年も行きたいとのことで連れて行きました。

2、料金

f:id:yujin-life:20180131230343j:plain

入館料は大人(中学生以上)が950円です。

しかし!少しでも安く!ってことがここでも生かされました!最近手に入れたイオンカードセレクト!イオングループの優待施設らしく、カードの提示で1人100円引きになりました!事前に調べておいてよかった。ちなみにカードを見せた後はお支払いは現金でした。

優待施設についてはこちらをどうぞ

www.aeon.co.jp

ってことで1人850円、2人で1700円で入館できます。

入館料にはタオル付きなのでタオルを持参する必要はありません。最近、タオル含めての入館料を取っている温泉施設は多いなぁと感じます。たまたま利用している施設がタオル付きなのかな。

施設によってはタオルは別途料金が取られていたのをよく覚えています。まぁ、タオル付きはお客側としては楽なんですけどね。お得なのかタオル付きで値上げしているのかはよくわかりません。

スポンサーリンク

 

3、大浴場

f:id:yujin-life:20180131230548j:plain

お風呂は大浴場と、グループバス(別途料金)がありました。

さすがに脱衣場から大浴場はカメラは使えませんよね。

脱衣場~大浴場

脱衣場から大浴場は第一印象は『きれい(清潔感)』って感じです。

靴箱のカギを受付に渡して、ロッカーのカギとタオルを貸し出してもらいます。そこに番号が書かれているので、その番号のロッカーを探して使用します。

ロッカーの大きさは、『大きくもなく、小さくもなく』って感じですね。冬場はコートや重ね着しているので、もうちょっと大きい方が楽かもなぁって感じです。

 

大浴場も『大きくもなく小さくもなく』って印象ですね。しかし、きれいな感じでしたね。洋風のお風呂な感じです。何種類もお風呂があるわけでなく、メインのお風呂と露天風呂がありましたね。

メインのお風呂はやや熱め。しかし、露天風呂はメインのお風呂よりはぬるめになっているのでちょうどいいバランスでした。特に今日は降っている雪を見ながらの露天風呂だったので気持ちよかったですねぇ。

あとは『メデュケーション風呂』って書いてあったかな。ちょっと個室っぽいところで、あえて光を少ししか入れずに暗め。お風呂は深めでややぬるめのお風呂があって、落ち着ける空間でした。わずかに入る光がお湯に反射してキラキラしている感じがとってもきれいでした。ボーっとするのにちょうどいい湯加減で本当にボーっとしてしまいました。

後は洗い場と、ドライサウナと水風呂、あとはあかすりルームがあったかな。

4、館内

ここって温泉も気持ち良かったけど、この施設の『ウリ』はマッサージ系のサービスなんでしょうね。もちろんお金はかかります。妻も3年前に利用した際によほど気持ち良かったのか、また来たいと思うぐらいらしいです。館内もきれいですしね。ちなみに中は裸足でも暖かい感じです。僕はお風呂上り後は裸足で過ごしていました。

Loisir

ロアジールって読むみたいです。そのままでは全く読めません。ここでは色々なマッサージのメニューがあるみたいです。

中には女性専用のマッサージもあるみたいですね。アロマオイルトリートメントとかだったかな。その為の専用の部屋もありました。

いわゆる、エステ的な要素があるマッサージなのかな。

今回は妻はボディケアのスタンダードを受けました。60分で5700円です。まぁ、誕生日お祝いだしね…

ちなみに受け付けは温泉施設の受付ではなくて、大浴場前に受付があるのでそこで受付をします。何人か施術する人がいて、指名もできるみたいでした。指名料が発生するみたいですけどね…

しかし、施術する人を女性か男性かは選べるみたいでした。むしろ受付の人から言ってきました。やはり女性は女性からやってもらいたいものかな。安心もしますしね。妻もそのタチでした。逆に力強くやってほしいから男性にやってほしいって女性もいるかもしれませんね。

お休み処

妻がマッサージを受けている間僕は休養です。休憩できる部屋は3つ!いや、4つかな。別途料金がかかる個室を入れると5種類かな?

湯上り処

いわゆる休憩所でしょうかね。どこの温泉施設にもあるような空間です。

畳が敷いてあって、テーブルが何台かあってゴロゴロしてもいいし、ゆっくりしていてもいいしって感じでした。テーブルごとには飲食の持ち込み禁止の紙が置いてありましたね。

奥にはアイスの販売機と無料のお茶、お湯、冷水のでるやつがありました。

ちなみにこの部屋はドアがついていないので自由に行き来できるし、廊下からもちょっと見えるので本当に自由な空間でした。談笑するマダムの方々やテレビを見ながらゆっくり過ごすおじさまも結構いましたね。

お昼寝処

ここは完全に静かな空間で、昼寝するスペースでしたね。扉の向こうは静かな空間です。

ここにある枕とタオルケットをとって

この全面畳部屋でごろ寝です!

やや暗い感じかな…っても全く暗がりってわけでもないですね。ちなみにこれは寝ながらの写真です。この後数分後には寝てしまっていました。朝から雪をどかす作業で疲れていましたね。

ちなみに女性専用のお昼寝処もありました。女性にとっては知らないおじさまと同じ空間で寝るのはちょっと抵抗がありますかね。

ヒーリングルーム

この部屋はちょっと暗く、かつ静かな空間でした。半分寝れる?椅子があり、そこに座ってボーっとするみたいですね。ちょっとヒーリングミュージックとも言うんでしょうか。わずかに聞こえてきていました。

マッサージ器

後はマッサージ機が置いてある部屋?部屋でもないかな?がありましたね。

お食事処

ちらっとしか見ていませんが、けっこうおしゃれなお食事処でした。

5、まとめ

f:id:yujin-life:20180105231953p:plain

今回は、妻の誕生日お祝いで秋葉温泉花水へお出かけしてきました。

全体的な印象はやはり『おしゃれな温泉施設』でした。特に女性向けにサービスが充実しているような印象です。

と言っても男性の僕も十分にくつろげました。お昼寝処はぐっすり寝てしまいましたしね。

さらにマッサージを『ウリ』にしている印象も受けます。

ちなみにマッサージは予約もできるし、当日に申し込むこともできます。たぶん平日なら大体希望している時間で申し込めるのかな?

妻はまた来年も来たいなぁって言っています。

秋葉温泉 花水 〜かすい〜 ホーム