Yujin Life

妻がうつ病となり、我が家の家計は火の車…でも家族で楽しんで生きていきたい。そのための節約や子育て、趣味など我が家の事を書いていく雑記ブログです。

税務署へ行ってきました。混む前に行っておかないと…

f:id:yujin-life:20180214223701j:plain

こんにちは、ゆうじんです。

みなさん、確定申告はしていますか?所得税の場合は2月16日~3月15日までらしいです。去年は僕も住宅ローン控除(住宅借入金特別控除)で確定申告に行ってまいりました。

去年に関してはどうせ税務署へ確定申告しなければならないのだからついでい医療費控除もいけるか!?と思って1年間貯めておいた受診費用の領収書をまとめておいたのですが、10万円に届かず…

医療費控除って単純な風邪での受診等では中々届かないような気がします。出産とか大きな病気での支払いなどでは効果があるかもしれませんね。

ちなみにセルフメディケーション税制ってやつもできましたけど、去年は医療費控除ができなかったので『これもできないかなぁ』って思い、あきらめていました。

もしかしたらセルフメディケーション税制はできたかもしれませんね。案外、ドラッグストアで薬を買うこともありますからね。この辺は今年はやってみようなぁって思っています。

しかし、今日は税務署へ行ってきました。なぜかと言うと…

目次

1、妻の分の住宅ローン控除

妻は11月いっぱいで退職したので会社で年末調整ができず…住宅ローン控除を申請?することが出来ませんでした。

退職時、総務の人からは『確定申告できますのでその時期になったら税務署へ行ってみて相談してみてください』

と言われたそうです。

と言うことで本日僕が行ってきました。妻はこういう手続きとかは本当に面倒くさがってしようとしません。っても僕も面倒だなぁって思うんです。それも、妻の分…それは妻が行ってくれーって思うのですが、全く調べようとしないし、行こうともしない。

 

まぁ、とりあえず話だけでも聞いてこようかなぁって思い、税務署へ僕が行ってきました。確定申告が始まる前に行った方が空いているかなぁって思いまして。

2、税務署

結構混んでいましたねぇ。しかし、待ち時間もそこまで長くはなかったので今日行ってきてよかった。

僕「今日は確定申告しないんですけど、ちょっと相談がありまして」

ってことで聞いてみました。

 

僕「去年で2回目の住宅ローン控除を受けようとしたのですが、僕は会社で年末調整してもらったんですが、妻が去年の11月で退職したので年末調整が受けれませんでした。その場合は確定申告できるってきたのですがどうすればいいのですか?」

とざっくり聞いた後…

 

僕「妻は去年所得はありません。手当と言う形で傷病手当をいただいていました。この場合どうすればいいですか?」

と聞いてみましたよ。

そしたら受付の方が悩んで

受付の人「ちょっと待ってください」

と。裏の方へ入っていきました。その5分後ぐらいかなぁ。出てきて丁寧に説明してくれました。

受付の人「お待たせいたしました。まず、傷病手当は非課税なので所得税はひかれていません。なので基本的には確定申告は必要ないですよ。住民税に関しては支払っていたと思うのですが住民税はおととしの所得から計算されていますから去年発生していたんです」

僕「そうですかー。」

受付の人「なので、今年6月以降の住民税は市町村へ確認してみてください。」

とのことでした。

3、とりあえず

そうですよね。所得がないのに住宅ローン控除で税額控除なんてできませんね。確か、妻は29年1年間は傷病手当を受給していたので所得税は払っていません。

そして、住民税は払っていましたが、その支払額は一昨年(28年分)の支払いなんでしょう。確かに28年1月~8月までは収入を得ていましたからね…

となると30年6月以降はどうなるのかぁ。住民税は払わずに済むのだろうか?この辺はまた今度調べてみようともいます。

4、ちょっと

このところ、子どものインフルエンザ騒ぎや、雪の状況で心身ともに疲労があったためかちょっと体調がすぐれません。この場合は早く寝よう…

しかし、こういうことがあるとやはりフィナンシャルプランナーの知識が欲しいなぁってつくづく思います。こういうことも勉強の範囲だと思いますしね。